「生活家電」カテゴリーアーカイブ

電気ポット替わりに常に食卓に置きたい……UCCのDP3レビュー

UCCといえば言わずとしれた有名コーヒーメーカーですが、そんなUCCが以前から販売しているのが「ドリップポッド」シリーズ。その名の通りドリップコーヒーが作れるコーヒーマシンです。今回はこの最新モデル「ドリップポッド 3(DP3)」のレビュー記事を執筆しました。

続きを読む 電気ポット替わりに常に食卓に置きたい……UCCのDP3レビュー

アイリスオーヤマの「色で揃える」家電シリーズを見てきた

先月発表された アイリスオーヤマの「BLACK LABEL(ブラックレーベル)」と「WHITE LABEL(ホワイトレーベル)」を見に行ってきましたので、それぞれの違いなどを記事にしてみました。

続きを読む アイリスオーヤマの「色で揃える」家電シリーズを見てきた

ダイソンの新しいライトは使えるシチュエーションが増えてなかなか魅力的

ダイソンの隠れたヒット製品である「ライト」に新モデル「Dyson Lightcycle Morph デスクライト」と「Dyson Lightcycle Morph フロアライト」が登場!さっそく実物を触ってきたのでマイナビニュースにて記事執筆しました。

続きを読む ダイソンの新しいライトは使えるシチュエーションが増えてなかなか魅力的

コーヒー焙煎機としてはかなり安いライソンのコーヒーロースター!その実力は?

「おうちで特別美味しいコーヒーにこだわる」人が増えている昨今。お高いグラインダーやコーヒーマシンを購入している人も多いのでは? とはいえ、なかなかコーヒー焙煎まで自宅でしている人は少ないもの。そこで、今回はライソンから発売されている家庭用のコーヒーロースター「ホームロースター RT-01」のレビューを執筆しました。なんと実売価格は2万円以内ですよ!安い!

続きを読む コーヒー焙煎機としてはかなり安いライソンのコーヒーロースター!その実力は?

アイリスオーヤマの調理器具がものすごく使いやすかった!最新調理器具2製品を試食体験

掲載されていることに気づかず! アイリスオーヤマの調理器具新製品2モデルを体験してきた記事です。電気圧力鍋「電気圧力鍋 KPC-MA2」と焼き調理ができる電子レンジ「かんたん両面焼きレンジ IMGY-F181B」。これ、両製品とも非常によくできてる!

個人的に今までの電気圧力鍋はちょっと大きいから収納場所を選ぶなー、と思っていたのですが、こちらの新製品はかなりコンパクト。しかも圧力かけない調理が可能で、温度指定できるから低温調理にも対応。フタを外した状態でも使えるので机の上に置いて鍋もできる!

電子レンジはハンバーグの種を置いたらチンするだけで焦げ目のついたハンバーグのできあがり。ハンバーグって意外と生焼けだったり、焼きすぎてパサつきやすいので放置するだけの調理器具は料理苦手な人には嬉しいですね。

多分「これから一人暮らしする人にプレゼントするなら何が良い?」と聞かれたら、料理できる人ならこの電気圧力鍋。料理したことない人なら焼き調理ができる電子レンジをオススメするかも。値段も両製品18,800円で買いやすいところも良いですね!

東芝ドラム式洗濯乾燥機「ZABOON」最新モデルはIoT化と抗菌水での選択に対応

東芝のドラム式洗濯乾燥機ZABOONの新モデル「TW-127X8」の発表会記事掲載していただきました。

実は私、このZABOONシリーズが昔から個人的に好きなのです。ウルトラファインバブルで寒い季節でも標準コースで汚れ落ちがよかったり、ダイレクトモーター搭載で静音性が高かったり、サスペンションに特殊な機構を利用していたり、熱湯洗いコースが昔から搭載されていたり……なんというか随所に技術者のこだわりが感じられる製品なのです。今回は新機能ではないのにウルトラファインバブルについて熱く書いてしまいました。

新機能について書かせてもらうと、これからの高機能洗濯機には必須の機能になると思う自動液体洗剤投入機能を搭載しました。あと、水道水を抗菌水にかえる機能も追加。じつはこの抗菌機能、3~4年前くらいにもZABOONに搭載されていたのですが、一度機能から削られ、今回数年ぶりに復活しました。部屋干しユーザーが増えたから復活したんでしょうかね?

とにかく細かなところまで非常によくできた洗濯機です。ただ、価格もそこそこお高いです。

パナソニックのシーリングライトにLED電球、ほかの製品と何が違う?

パナソニックのLEDライト新製品の体験記事を掲載していただきました。
紹介してもらった製品はシーリングライトとLED電球、あとモバイルバッテリー型LEDの3種類です。
 
パナソニックの高級シーリングライトといえば、やっぱりAIR Panel LED! これはセンターライトと導光パネルを切り替えることで、間接光みたいなオシャレな光の演出もできる製品。シーリングライトというと「鏡餅」みたいな製品が多いなか、このAIR Panel LEDは本当カッコイイ。じつは、個人的に消灯時が一番スタイリッシュじゃないかと感じています。
 
一方、新モデルのLED電球は色の再現度(演色性)がかなり高くなっています。記事の中でも写真を使って両方の色を比較していますが、肌色が本当にキレイに見えるんですよ。
 
パナソニックによると、今はLED電球の明るさや省エネ性能はよっぽど安い製品でなければほぼ横並びだそう。なので、リビングなどの長時間いる部屋は「光の質」で選ぶのが重要かもしれませんね。

続きを読む パナソニックのシーリングライトにLED電球、ほかの製品と何が違う?