「美容家電」カテゴリーアーカイブ

シェービングと美肌ケアを一度に!スキンケアシェーバーは男性肌ケア改革となるか?

パナソニックからなんと「ひげ剃り」と「スキンケア」を一度にできる画期的な製品が発表されました。世界初のスキンケアシェーバー「ラムダッシュ ES-MT21」、なんと化粧水のイオン導入機能を搭載したシェーバーです。当方は女性ですが、ものすごく気になったので、近所のモデルを呼んで実際に試してもらいました。顔左側だけシェーバーを使ってもらい、3時間後の肌水分量を計測してみると……(結果は記事をご覧ください)。

これ、イオン導入機能だけを使えるモードもあるので、奥さんや彼女も借りて使うという手もありますね。男性美容家電もなかなか面白い時代になってきました!

歯磨きもログに残せば楽しくなる!?ソニッケアーシリーズの新モデル誕生

フィリップスのソニッケアーといえば、ブラウンのオーラルBと並んで電動歯ブラシの王様ともいえる存在。そんなソニッケアーに新しいモデル「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン 9000」が発表されたので記事執筆しました。

こちらの製品、最上位機種である「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」から「今磨いている歯の位置」を検知する機能などを省いたモデル。スマホ連携機能は健在で、歯を磨いた日時や磨き時間、歯磨きの圧力などのログを残すこともできます。倉本が愛してやまない「充電器用グラス」ももちろん付属! 上位機種との詳しい差や機能についてはぜひ記事を読んでみてください。

意外となかったVIO専用の電気カミソリがパナソニックから発売!

パナソニックからとうとうVIOに特化した電気カミソリが登場!
いうわけで、 喜び勇んで電動シェーバー「VIOフェリエ ES-WV60」(以下、VIOフェリエ)を触ってきたので記事を掲載させていただきました。 電気カミソリはいろいろなメーカーからでているのですが、意外とVIO特化という製品はすくないんですよね。中国などの海外製ならあるんですが、デリケート部分だけに大手メーカーの製品が出たのは嬉しい!

続きを読む 意外となかったVIO専用の電気カミソリがパナソニックから発売!

パナソニックドライヤー「ナノケア」新モデルのデモンストレーション記事

先週パナソニックのドライヤー「ナノケア」の新モデル「EH-NA0B」発表会記事をカカクコムマガジンで掲載してもらったのですが、マイナビニュースでも視点を変えて記事執筆させていただきました。


前回は自分の体験ベースで記事を執筆させてもらいましたが、こちらでは発表会のデモンストレーションをベースに執筆させてもらっています。

ナノイーの風を当てると髪表面が滑らかになる。という特性を活かして「ナノイーの風をあてて髪を束ねている指輪を落とす」というデモがちょっと面白かったです。動画で掲載しているのでぜひチェックしてみてください。

パナソニックの髪をケアするドライヤー「ナノケア EH-NA0B」を体験

パナソニックの高機能ドライヤー「ナノケア」シリーズの新モデル「ナノケア EH-NA0B」試してきたので記事掲載してもらいました。
新製品発表会で5分ほど試したのですが、毛先がスルンと指通りよくなりました。今は高級ドライヤーというと速乾性を追求するタイプが多いのですが、ナノケアは「髪をキレイにする」のに特化しているのが特徴ですね。風量は1.3㎥/分で、今のトレンドからいうと「大風量」とはちょっと言いにくい感じ。ただ、風のコントロールにより、そこまでパワー不足は感じません。
 
ちなみに、新モデルはナノイーの力で髪への保湿力が約1.9倍になっているそう。そのせいかどうかはわかりませんが、パサついて軽かった髪が、ナノケア使用後は手に乗せると重みを感じたのが印象的でした。

パナソニック「男性用グルーミング製品」3モデル

パナソニックの男性用グルーミング製品の記事を掲載してもらいました。


今回説明のあった製品は腕や脚、指など全身のムダ毛処理に使える「ボディトリマー ER-GK80」、眉や顔の産毛に最適な「マユ&フェイスシェーバー ER-GM30」、そして鼻毛や耳毛などのカットに使える「エチケットカッター ER-GN70」です。
今って、男性の54%はムダ毛の処理をしているんですね、脚腕用とか眉毛用とか鼻毛用とか用途別に特化した製品があって勉強になりました。鼻毛用なんかは鼻毛を吸い込みながらカットするので本当便利そう。
 
全製品電動式なので、普通のカミソリみたいに肌を濡らして剃る必要ないのも手軽で良いですよね。
 
ちなみに、これはプレス向けの説明会だったのですが、結構女性の参加率も高かったです。夫や彼氏へのプレゼントにも良さそう。でもこれ贈られたら「オレ毛深いってこと?」とか悩んだりしないんでしょうか?男性の意見も知りたいところです。

水素と遊離塩素を同時に発生させるウォーターピック「T-Time」

水素で口の中のケアをするのがコンセプトのウォーターピック「T-Time」の発表会に行ってきたので記事掲載です。

ウォーターピックに電動歯ブラシがセットになった「T-Time BA(FLTM-19B)」と、電動歯ブラシが付属せず、ウォーターピックのみの「T-Time BN(FLTM-19N)」の2モデル用意されています。

じつは我が家でもウォーターピックを使っているのですが、一度使うとスッキリ感の高さから手放せなくなる製品です。この製品は遊離塩素を発生するので口のなかの除菌もできるのだとか。残念ながら発表会では実際に自分の口で体験することはできなかったのですが、手に当てた感覚ではなかなかパワフルでした。

個人的にはFLTM-19Bだとウォーターピックの本体で電動歯ブラシが充電できる点が魅力的。普通はウォーターピックと電動歯ブラシがある家庭では、二つの充電台と電源コードが2本必要になります。一般的な狭い洗面台を使っているユーザーにとっては、これが一つにまとまるのは嬉しいポイントだと思います。