「生活家電」カテゴリーアーカイブ

ここまで小さく!?ケルヒャーの高圧洗浄機が日本向けにコンパクトに……気になるパワーは??

ケルヒャーが日本向けにコンパクトな高圧洗浄機「K MINI」を発表したので、発売前にひとあしはやくレビューしました。記事内には従来機とのサイズ比較写真ものせたので、これだけでも見てほしい!本当に小さくなったのです。

我が家の庭は10年くらいコンクリ壁やレンガの掃除をしていなかったのですが、そんな汚れが笑っちゃうくらい簡単に落ちます。記事にはコンクリ壁のカビを落とす動画も掲載したのですが、絵を描くように汚れが落ちるので是非チェックしてほしいです。

個人的に気に入ったのが水ホースが柔らかく、折れにくくなったこと。掃除中にホースをさばくのがすごく簡単になりました。

内鍋がフッ素加工されて焼き料理も簡単!ホットクック最新モデルをレビュー

シャープのホットクックに新モデルが登場したので、容量2.4Lタイプの「KN-HW24F」を借りてレビュー執筆しました!

なんといっても低温調理に対応したことと、内鍋がフッ素加工されたのが本当便利。記事内では低温調理で肉を調理しているのですが、もうステーキが完璧な加熱すぎて自画自賛したいレベル。低温調理のよいところは「失敗しない」という点ですね。

フッ素加工のメリットは「じゃがいものガレット」でわかります。とにかく鍋に食材がこびり付かない。今まで洗うのが大変だった焼き物調理が本当にラクになりました。

記事内ではさまざまな料理を調理しているので、ぜひどんなメリットがあるのかチェックしてほしいです。

 

日立の新製品に日本の今後の家電のありかたを考えさせられた件

日立が同社の過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」シリーズの最上位機種新モデルの発表会を開催したので記事を執筆しました。

ところでこちら、最上位機種は発表されたのが「MRO-W10X」。家電に詳しい人なら「あれ?これ去年のモデルでは?」とわかるのではないでしょうか? そう、じつは日立は今年最上位機種はソフトウェアアップデートだけ。ハードウェアは昨年のモデルのままなのです。このため、昨年「MRO-W10X」を購入した人も、ソフトウェアアップデートすれば最新の機能が利用できます。

日本の家電は毎年モデルチェンジするけれど、それって本当に必要? と、考えることもあった筆者にとって、今回の日立の決断は本当に素晴らしいことだと感じました。

あ、記事では炊飯器「RZ-W100DM」についても紹介していますよ!

電動歯ブラシオーラルBが駆動方式から新しく!気になる磨き心地はどうなった?

P&Gのオーラルケアブランド「Oral-B by Braun」の電動歯ブラシ「オーラルB」が駆動方式から見直して完全リニューアルした最上位モデル「オーラルB iO(アイオー)」を発表しました。一足先にサンプル版を入手できたので、レビュー執筆しました。

従来からオーラルBは定期的に使っているのですが、今回駆動タイプがリニア方式になったことで磨き心地が全くかわりました。ちょっとソニッケアーに近く、個人的に好きな優しい感触です。

磨いた時間が秒単位でカウントされる機能など、あると便利な機能も多数搭載。今までオーラルBを使っていた人も買い替えを検討してもよいかも、と思わされました。

ふすまパンに甘酒、ヘルシーメニューも作れるコンパクトなホームベーカリー

「シロカのおうちベーカリー SB-1D151」が、コンパクトで使いやすそうなので記事執筆しました。ふすまパンや甘酒(2種)などヘルシーメニューが多いのが特徴です。

面白いのがつぶつぶとサラサラの甘酒を作り分けできるところ。専用キットを使わずに糖質オフパンが作れる点も、意外に他メーカーのホームベーカリーにはない機能です。 それに、なんといってもコスパが良い!価格はオープンですが、なんと市場想定価格は10,980円前後(税別)です。

これは便利だわ! アクアの超音波ウォッシャー搭載の縦型洗濯機

アクアの縦型洗濯機Pretteシリーズが非常に面白いので記事執筆しました。なんと引き出し式の超音波洗浄ユニットが搭載されています。超音波洗浄機はハンディタイプはよくありますが、洗濯機一体型はなかなかレア(洗濯機にハンディタイプが付属した洗濯機はありますが……)!

洗濯機に超音波洗浄ユニットをつけることで、バッテリー残量などを気にしないでよいのでパワーを確保できます。そして、なにより便利なのが洗剤混合液を自動で作ってくれること。うちにも超音波洗浄デバイスはいろいろあるのですが、毎回洗剤液をつくったり捨てたり、洗浄液をいれた洗い桶を洗ったりするのが面倒だったのですよね。これが全部自動化されたのは本当スゴイ!

あと、家庭用洗濯機なのに洗濯容量14kgってすごい。家電ライターの私としても初めて見る容量。大家族でも安心ですね。

ルンバのアプリが家具を自動認識! アプリアップデートでより使いやすく

ルンバとブラーバのアプリが「iRobot Genius ホームインテリジェンスとなり超進化しました。 なんとロボットが家具を認識するようになり「ソファのまわりだけ掃除して!」と指示することもできるんです。

個人的に嬉しいポイントは2点。今まで進入禁止エリアしか指定できなかったのですが「ここだけ掃除して!」という指示ができるようになりました。もうひとつが電源コードの塊などを認識して「あそこは危ないぞ」と判断できるようになったこと。自宅に帰ったらコードにひっかかって遭難……という問題がなくなると嬉しいですね。