「象印マホービン」タグアーカイブ

象印マホービンの圧力IH炊飯ジャーのフラッグシップモデル「炎舞炊き」新モデルの試食をしてきました

象印マホービンの高級炊飯器「炎舞炊き」新モデル発表会にて試食をしてきたので記事掲載です

炎舞炊きは4合タイプから1升タイプまでラインナップがあるのですが、注目はなんといっても4合炊きの「NW-ES07」です。じつは炊飯器ってほとんど4合炊きサイズがなく。3.5合炊き以下か、5.5合以上がほとんど。あと、各メーカーフラッグシップモデルは5.5合炊きと1升炊きの2モデルがほとんどです。

とはいえ、最近は核家族化やシルバー世帯増加で「美味しいご飯を少量だけ炊きたい」という層も増えています。このため、今年は「超プレミアムだけど少量炊きに対応」する製品が増えてきました。今後もこの傾向は続きそうな気配。そのうち最高級モデルは少量炊きモデルになる可能性もありますね。

ちなみに演舞炊きは上記の4合炊きのほか、5.5合タイプ「NW-KB10」と一升タイプ「NW-KB18」があります。

コイルの形が前代未聞!?かまど炊きの炎の揺らぎを再現した炊飯器

マイナビニュースにて象印の高級炊飯器「炎舞炊き NW-KA型」の新製品レポートが掲載されました。

https://news.mynavi.jp/article/20180608-Enbu/

象印の高級炊飯器「炎舞炊き NW-KA型」

続きを読む コイルの形が前代未聞!?かまど炊きの炎の揺らぎを再現した炊飯器

日本の伝統工芸を使った炊飯器「南部鉄器 極め羽釜」に新モデル登場

マイナビニュースにて象印のフラッグシップ炊飯器「南部鉄器 極め羽釜 NW-AS10型」の新製品発表会記事を掲載していただきました。

http://news.mynavi.jp/articles/2016/08/03/nw-as10/

象印のフラッグシップ炊飯器「南部鉄器 極め羽釜 NW-AS10型」

象印の南部鉄器 極め羽釜といえば、その名の通り「南部鉄器」を使っているのが特徴です。南部鉄器は日本の伝統工芸なのですが、そんな製品が「家電」になるということで、発売当初はかなり話題になりました。ちなみに、象印によると南部鉄器はIHとの相性がよく火力を出しやすいのだそうです。

続きを読む 日本の伝統工芸を使った炊飯器「南部鉄器 極め羽釜」に新モデル登場

一般人が入れない「象印ヒミツの会」にコッソリ入れてもらいました

学研プラスのゲットナビにて、象印マホービン商談会の記事が掲載されました。「商談会」とは、メーカーがお店を対象に製品の良さなどをアピールする場所。なので、一般の人が入れないかわりに、まだ発表前の製品なども数多く展示される魅惑の会であります。

「象印マホービン 2016 秋の新製品企画商談会」会場の様子
「象印マホービン 2016 秋の新製品企画商談会」会場の様子

http://getnavi.jp/homeappliances/39761/

続きを読む 一般人が入れない「象印ヒミツの会」にコッソリ入れてもらいました

花粉症もさむがりさんも必見!ズボラ向けの布団乾燥機

カカクコムマガジンにて、象印マホービンのマットなし布団乾燥機「スマートドライ RF-AB20」の試用レビューを書かせていただきました。とにかく簡単!便利!ズボラな人にこそ使ってほしい!製品を返却後、すぐに我が家用に購入するくらい気に入りました。
https://mag.kakaku.com/seikatsu-kaden/?id=3755

象印マホービンの布団乾燥機「スマートドライ RF-AB20」
象印マホービンの布団乾燥機「スマートドライ RF-AB20」

続きを読む 花粉症もさむがりさんも必見!ズボラ向けの布団乾燥機

その手があったか……予熱のいらないオーブンが登場

マイナビニュースにて、象印のコンベクションオーブン「マルチコンベクションオーブン ET-YA30」と、豆の挽きからドリップまで全自動でできるコーヒーメーカー「珈琲通 EC-NA40」の製品説明会のレポートを掲載していただきました。

http://news.mynavi.jp/articles/2015/09/10/zojirushi/

象印マホービンのコンベクションオーブン「マルチコンベクションオーブン ET-YA30」
象印マホービンのコンベクションオーブン「マルチコンベクションオーブン ET-YA30」

こちらのオーブン、なんといっても凄いのが予熱がいらない点。オーブンが温まるまでは、石英管ヒーターで直接食材をあたためて、オーブン内が温まると、通常のコンベクションオーブンとして動作するのです。

続きを読む その手があったか……予熱のいらないオーブンが登場