「家電」カテゴリーアーカイブ

家電ライターが注目する今年の家電、私の推し3製品を動画で紹介

犬の介護と仕事でSNS等に投稿する余裕がなくなり、気が付いたらもう年末になってしまいました。
年末といえば毎年の恒例行事、家電専門のニュースサイト家電 Watchと、トレンド情報誌GetNaviによる「その年のNO1家電」を選ぶ「家電大賞」! 今年もとうとう読者投票がスタートしています。
今年は内容がパワーアップして、家電の専門家が選んだ「注目家電」紹介動画も登場! ということで、僭越ながら私が「推し家電紹介動画」のトップバッターとして登場させていただきました。

「推し家電3製品について紹介して! 1製品だいたい1分くらいで」みたいな現場だったのでシナリオなし。もう伝えたいことが多すぎて多すぎて……。なんかワーッと思いついたことを語りまくったのですが、すごくわかりやすく編集されていました。動画編集の力って凄いですね!

紹介した製品はどれも「イマドキの家電ってこんなことできるの?」という機能を搭載したものばかり。家電に詳しくない人にこそチェックしてほしいです。これから年末に向けて家電のプロによる動画が続々アップされる予定とのこと。私も誰がどんな製品を選ぶのかワクワクしながら続編を待っています。

硬めのシャッキリゴハン好きなら一度は試してほしい、日立の最上位モデル炊飯器とオーブンレンジ新製品試食会

シャッキリで主張ある歯ごたえのご飯が好きな人は、たぶんハマるであろうのが日立のプレミアム炊飯器。硬めご飯好きな私も日立のふっくら御膳は大好きです。そんな日立の炊飯器とオーブンレンジの最新最上位モデルの試食をしてきました。使用したのは今年の新製品圧力&スチーム炊飯器の最上位機種「ふっくら御膳 RZ-W100GM」と過熱水蒸気オーブンレンジの最上位機種「ヘルシーシェフ MRO-W10B」です。

ちなみに、炊飯中に蒸気をださない「蒸気カット」機能。記事「他社フラッグシップモデルにはあまり搭載されない機能」と書いたのですが、じつはミドルクラスには搭載されている製品はチョコチョコあります。昔は最上位機種にも搭載していたメーカーはもう少しあったのですが、なぜだか減りました。便利なんですけどねぇ。

そして、日立のオーブンレンジは電子レンジの自動調理メニューがとにかく優秀。普段使いはレンジしか使わないという家庭も多いですが、そんな「普段使い」ニーズにすごく便利です。記事には書いていませんが、難しい冷凍ミンチ肉の解凍なども早いしうまいです。

日立の調理家電は「日立ならでは」という機能があるのが素敵ですね。

こうきたか! オーラルBの最新最上位モデルは歯磨きガイドが超進化

歯磨きはもっぱら電動歯ブラシ派。自宅ではP&GジャパンのオーラルBのiO、フィリップスのソニッケア、そしてパナソニックのドルツを使っているのですが、最近はiOの出番が多めです。そんなiOに新モデル「iO10」が登場したので、もちろん製品をチェック、記事執筆しました。

歯ブラシ本体は基本的に従来の最上位モデルと同じ。なんと、充電器が進化。歯磨きガイドがアプリを起動しなくても利用できるようになりました。 歯磨きのたびにスマホを起動するのが面倒だったので、これは嬉しい……! 歯磨きの状態を教えてくれる機能は他社製高価格帯電動歯ブラシにも搭載されていますが、今後はそれらも「スマホ起動不要」になるのでしょうか? (なってほしい)

除菌、消臭、シワ伸ばしまで! パナソニックからロッカー型の衣類ケア家電が登場

パナソニックが衣類ケア家電「スマートクローゼット 」を発表しました。似たような家電である「LG Styler」を発売日に自腹購入した身としては凄く気になるじゃないですか……!

ということで、プレスお披露目会前ですが無理矢理パナソニックまで押しかけて製品をチェック。どんな製品なのか、ファーストインプレッションを記事にしました。

我が家からYシャツをもちこんで、シャツのシワがどれくらい伸びるかも試しています。倉本はスーツ派なので、シャツのアイロンがけが必要ないのはありがたい! 正直、この家電ジャンルはもっと普及してほしいですね!

電動歯ブラシのオーラルBシリーズの最上位モデルが3年ぶりに刷新! 新iOは何が変わった?

私も愛用している電動歯ブラシ「iOシリーズ」に新モデルが登場しました! 従来まではiO9が最上位機種だったのですが、さらに上にiO10が登場したのです。そもそもiO9から驚くほど多機能だったのですが、新製品はなんと「充電器」に目をつけています。これがかなり便利そう! プレス向け発表会で実機を触ってきたので、iOシリーズの説明と課題、新製品の機能について記事を執筆しました。

スマートフォン連動機能を搭載する高機能電動歯ブラシは、今後充電台が進化する方向にシフトするかもしれませんね。というか、歯磨きのたびにアプリを起動するのが本当に面倒なので、個人的にそう進化してほしいです。

ちなみに、倉本は現在iOシリーズのほか、フィリップスのソニッケア、パナソニックのドルツの3本使い。それぞれ良いところがあって1本に絞り切れない!。

家電ライターの家で活躍している老犬介護家電TOP3とは?

老犬介護のため、約一年ちかくブログを放置しておりました。

本格的に介護が必要になったのはこの2年ほどなのですが、犬とはいえ仕事と介護の両立は予想以上に大変! とくに、我が家の犬は目を離すと器用に窒息する体勢になることがあるので、24時間目を放すことができません。現在、一日を「仕事」と「老犬介護」ですべて埋め尽くされている我が家。せっかくなので、そんな我が家で活躍している家電について記事にしてみました。

老犬介護だけではなく、忙しい育児にも役立つ家電ばかりですよ! ちなみに、足は動かないし頭も自力ではあげられない、トイレも自力ではできなくなった我が家の犬ですが、食欲もあるし要求も多く、驚くほど元気です。

シャープはまた掃除機のトレンドを作り出せるのか? RACTIVE Air新製品は静音性がカギ

シャープがコードレススティッククリーナー「RACTIVE Air」シリーズ新モデルを発表。記者発表会で発売前に実機を試すことができたので記事を執筆しました。
最上位機種EC-SR8の特徴は、なんといっても低騒音化設計。掃除機の軽量化トレンドを作ったのはシャープですが、今後は静音性もトレンドになるのかも? 在宅ワークなどで、家族がつねに家にいる状況が続いている家庭にとっては嬉しいメリットになるかもしれませんね。
記事内には音比較用動画もあるので、ぜひ駆動音の違いをチェックしてほしいです。