「レポート」タグアーカイブ

ダイキン、ストリーマに加えて紫外線で空気清浄機の内部を除菌

ダイキン空気清浄機 の新モデル「UV ストリーマ空気清浄機 ACB50X-S」発表。プレス向けにオンライン発表会を開催したのでレポート記事を執筆しました。

そもそもダイキンはストリーマ技術で「空気を綺麗にしたい」層に根強い人気があるのですが、新製品はこれに加えてUVC(深紫外線)で内部の清潔性アップ。

ダイキンの空気清浄機は高価格なのですが、とにかく売れています。空気の専門メーカーという信頼性は強いですね!

食材内部の温度がチェックできる、ウェーバーの電気式スマートBBQグリル

本日はウェーバー の電気式スマート BBQグリル 「Weber Pulse 1000」の新製品発表会だったので記事執筆!

日本ではあまり認知度が高くないメーカー「ウェーバー」ですが、なんと米国で初めてバーベキューグリルにフタをつけたメーカー。BBQ大国アメリカではかなり認知度の高いメーカーなのだそうです(私は知りませんでした……)。

こちらの新製品は食材にプローブを挿すことで中心温度をセンシング。スマホと連動することで温度を自在にコントロールします。屋外使用タイプですが、電気式だから炭をおこす必要もなく、煙も立ちにくいそうです。ベランダとかで楽しめそうですね。
説明を聞くだけでもすごく面白そうな製品なので今度製品を借りてレビューする予定です!

天気予報と連携して災害を予測! 災害に備えて発電するエネファーム

掲載わすれていましたが、そういえば17日にパナソニックのエネファーム新モデルが発表されたので記事執筆していました。

この新モデルはなんとウェザーニュースと連携して「停電を予測すると発電して停電に備える」ことが可能。しかもエネファームは給湯機能もあるから断水時に水も100L以上確保可能(こっちはエネファーム共通の機能)!災害時に心強い!あとウェザーニューズの1km範囲でメッシュ予測できるシステムも非常に勉強になりました。

エネファームといえばガスから水素をとりだして電気を作り出すという家庭用省エネ設備。電気をお得につくって、ついでに発生した熱で給湯もできるのですが「エコキュートとなにが違うの?」と聞かれることもあります。このあたり近々どこかで詳しく説明したいです。ちなみに、エネファーム自体は パナソニック以外にも京セラなんかも出しています。

ルンバ、とうとうクリーンベースモデルに10万円以下のモデルが登場!

ルンバの 新モデル「Roomba  i3+」が17日に発表となりました!そんなわけで、急いで新製品発表会記事執筆!

ルンバって高性能でパワフル、賢いけどお高い……というイメージがありましたが、i3+はなんとクリーンベース(自動ゴミ収集機能搭載の充電台のこと)付属で10万円以下!これはかなり(ルンバとしては)お安い!

じつは倉本すでに試用しているのですが、クリーンベースは本当にラクなんですよ。もちろん最上位機種のほうが使いやすいけれどs9+は20万円近いのでお財布が……。

子供が水泳する様子を4K映像でチェック、ソニーの水泳教室向けソリューション

ソニーが今日発表した水泳教室向けのソリューション。テクノロジーで指導員の労力を減らし、親にも子供の努力を可視化するというなかなか興味深かったので記事執筆しました。

こういったシステムの導入で講師の質のバラツキが減るのはよいことですよね。あと、教室の見える化が進めば今後スポーツ指導虐待とかも減るかもしれません。とはいえコスト的にも労力的にもまだまだ導入ハードルは高そう。そのうち学校なんかにも導入されたりするのかな?

「宙に浮く」感覚を味わえるバルミューダの掃除機を使ってみた

昨日取材したバルミューダの「浮遊感のある掃除機」であるBALMUDA The Cleanerの記事執筆しました。今までに感じたことがない掃除感だったので、最初のヘッドをくるくる回しながら掃除する動画だけでもみなさまに観てもらいたい! 本当にヘッドが浮遊しているように動くんです。

ところで、BALMUDA The Cleanerを体験した最初はこの浮遊感のあるヘッドの動きにばかり目がいっていたのですが、使っているうちに、この製品のスゴイところは「両手で掃除できる」デザインなんじゃないかと感じました。基本的にコードレススティックって片手で使うことを想定しているので、両手でしっかりホールドできる製品て少ないんですよね。

掃除するのが楽しくなる製品なので、ぜひ量販店などで見かけたら実際に動かして試してほしいです。衝動買いするには高い買い物ですからね。

ルンバのアプリが家具を自動認識! アプリアップデートでより使いやすく

ルンバとブラーバのアプリが「iRobot Genius ホームインテリジェンスとなり超進化しました。 なんとロボットが家具を認識するようになり「ソファのまわりだけ掃除して!」と指示することもできるんです。

個人的に嬉しいポイントは2点。今まで進入禁止エリアしか指定できなかったのですが「ここだけ掃除して!」という指示ができるようになりました。もうひとつが電源コードの塊などを認識して「あそこは危ないぞ」と判断できるようになったこと。自宅に帰ったらコードにひっかかって遭難……という問題がなくなると嬉しいですね。